お問い合わせ

★★ESI 株式会社 ★★

 ☆省エネルギー事業統括事業部

 TEL:  011-211-5525

 FAX: 011-211-5534

 直通

 080-5589-3482 (千葉) 

 

☆本社

 TEL:  011-820-4022

 FAX: 011-815-4022   

 

北海道に限らず、環境保全活動関連の補助金等、公募情報がたくさん載っています。

 

 

 

 

 

(株)船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
ホームページ作成

◆ 燃料費 省エネ事例              - 食品製造加工 -

★ 事例     菓子製造工場

①ボイラのない工場:

 生産設備の消費が最も多く、次いで空調設備、冷凍冷蔵設備、照明設備、コンプレッサーの順と

 なっています。

②ボイラのある工場:

 ボイラの消費が最も多く、次いで生産設備、空調設備、冷凍冷蔵設備、照明設備、コンプレッサー

 の順となっています。


 ボイラのエネルギー消費割合は、平均41% (最大52%、最小38%) と他の用途に比べて高い

 ⇛ エネルギー損失の低減と蒸気の有効利用が課題です。

出典: クール・ネット東京 ‐ お菓子工場の省エネ対策 ‐


生蒸気が大量に漏洩する原因として、
 ① 間欠式スチームトラップの場合、構造上、約2~3倍の安全率を見込んで

        ドレン排出能力を設定 ※1
 ② 構造上、一度設定した能力の調整が出来ない、交換メンテナンスも難しい
 ③ 機械的磨耗が起こりやすく、初期能力を失ったトラップを使用し続ける
等、が考えられ、結果、

  漏洩した大量の生蒸気を補うため、大量の燃料をムダに消費しています。

※1 トラップのドレン排出能力は、蒸気が使用される設備機械の蒸気消費量に対して

   約2~3倍の安全率を見込んで設定されるのが一般的です。

                    (5~6倍の安全率が設定されることも。)
   その理由として、従来のトラップは構造上、ドレン排出量の対応範囲(負荷率)が

  狭く、ウォーターハンマー等の対策として安全率を大きく取ります。
   これは設備立上時等(低温状態)のドレン排出量に対応出来るよう大きな排出口径

  のトラップを設定するのが一般的なためです。

 

  結果、トラップの弁部が稼動した時に必要以上のドレン排出口が開き、滞留ドレン

 の背面にいる生蒸気は弁部が閉じる前に漏れ出すことになります。
  ・安全率が大きく設定されればされる程、蒸気漏洩量は大きくなります。
  ・また、機械的磨耗により初期能力を失ったトラップの蒸気漏洩量は更に大きく

   なっていきます。


◆ 新方式 スチームトラップの紹介